禁煙外来(ニコチン依存症治療)

<<3か月がんばってみませんか?>>
禁煙外来とは、3か月間タバコをやめて、「ニコチン中毒」から頭を解放する治療です。

皆様ご存知の通り、タバコは各種の癌や、心臓病・脳卒中の重大な危険因子です。

しかし、タバコをやめたくても、やめられない方も、また多いことは事実です。
タバコをやめられない「ニコチン依存症」は病気です。依存から離脱するには禁煙補助薬の助けが必要な場合があります。

はすね駅西口内科では健康保険適用のある禁煙補助薬による禁煙の治療を行っております。下記の条件に該当する方が保険適用となりますので、ぜひご検討下さい。

  1. いますぐタバコをやめたいが自信がない
  2. 3項目下の「ニコチン依存症を診断する10の質問」に5項目以上あてはまるニコチン依存症を診断する10の質問
  3. (35歳以上の方は)1日の本数×吸っている年数が200以上(例:1日1箱 10年以上)

禁煙補助薬は1日2回の飲み薬です。服薬治療に要する期間は、約3ヶ月です。


ニコチン依存症や禁煙補助薬の説明はこちらをご覧ください。禁煙外来とは

禁煙外来の問診票はこちら。禁煙外来問診票

禁煙の経過を記録するノートです。禁煙ノート


もうタバコを吸いたくない方へ、

はすね駅西口内科 院長の尾添は、平成21年7月に独立する前は、一般病院で心臓病の診療に従事しておりました。

勤務していた病院には「急性心筋梗塞」という、急激に発症して致死率も高い疾患を発症された方が日夜問わず救急車で搬送され、緊急で治療を受けておられました。しかし、「心筋梗塞」によって傷害をうけた心臓は、治療を受けても完全には機能を回復できないので、その後も心臓の機能不全で長く入退院を繰り返す方もおられました。
心筋梗塞」を起こされた方の多くはタバコを吸っておられ、事実「心筋梗塞」や「脳梗塞」などの「動脈硬化性疾患」はタバコが「危険因子」となりますので、「心筋梗塞」で入院された方へ「タバコをおやめになるように」お勧めすることは、心臓病を治療することと同じくらい重要な仕事と考えておりました。

このような経験が元となり、「簡単に手に入り」「しかし簡単にはやめられず」「大変な病気の原因となり」皆様を苦しめるタバコから健康を取り戻すことを循環器内科医の使命とこころえ、そのための「禁煙治療」を、 はすね駅西口内科 の大事な仕事と考えております。

タバコを吸うことに飽きた方・疲れた方・やめる必要に迫られた方・健康を損ねた方からのご相談を心よりお待ち申し上げます。

はすね駅西口内科 院長 尾添 明之


ニコチン依存症や禁煙補助薬の説明はこちらをご覧ください。禁煙外来とは

禁煙外来の問診票はこちら。禁煙外来問診票

禁煙の経過を記録するノートです。禁煙ノート


禁煙外来のながれ

こちらをクリックしてご覧ください


【診察1回目(初診)】


禁煙開始日の7日前より禁煙補助薬を飲みはじめる

禁煙開始日より禁煙スタート!

【診察2回目(禁煙1週間)】


禁煙補助薬を飲んで禁煙しつづける

【診察3回目(禁煙3週間~1ヶ月)】


禁煙補助薬を飲んで禁煙しつづける

【診察4回目(禁煙2ヶ月)】


禁煙補助薬を飲んで禁煙しつづける

【最終診察5回目(禁煙3ヶ月)】


禁煙をずっとつづけてゆく・・・

ちょっとのつもりでも、吸ってしまうと、すぐに元通りの本数まで増えてしまいます。がんばって。


ニコチン依存症や禁煙補助薬の説明はこちらをご覧ください。禁煙外来とは

禁煙外来の問診票はこちら。禁煙外来問診票

禁煙の経過を記録するノートです。禁煙ノート


ニコチン依存症を診断する10の質問

各設問に対し、「はい」または「いいえ」を選択してください。合計点が5点以上でニコチン依存症と判定されます。
はい(1点)
いいえ(0点)

  1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
  2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
  3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
  4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
    ・イライラ・眠気・神経質・胃のむかつき・落ち着かない・脈が遅い・集中しにくい・手のふるえ・ゆううつ・食欲または体重増加・頭痛
  5. 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
  6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
  7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  8. タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。
  9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
  10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

ニコチン依存症や禁煙補助薬の説明はこちらをご覧ください。禁煙外来とは

禁煙外来の問診票はこちら。禁煙外来問診票

禁煙の経過を記録するノートです。禁煙ノート


当院の禁煙治療実績

平成25年11月~平成26年3月(計5ヶ月)
禁煙外来を受診された方9
12週間にわたる、計5回の禁煙治療を終了された方5
禁煙に成功した方の割合55
平成26年4月~平成27年3月(計12ヶ月)
禁煙外来を受診された方47
12週間にわたる、計5回の禁煙治療を終了された方14
治療を中断したが、禁煙は継続していた方2
禁煙に成功した方の割合34
平成27年4月~平成28年3月(計12ヶ月)
禁煙外来を受診された方51
12週間にわたる、計5回の禁煙治療を終了された方13
治療を中断したが、禁煙は継続していた方4
禁煙に成功した方の割合33
平成28年4月~平成29年3月(計12ヶ月)
禁煙外来を受診された方36
12週間にわたる、計5回の禁煙治療を終了された方13
治療を中断したが、禁煙は継続していた方5
禁煙に成功した方の割合50

ニコチン依存症や禁煙補助薬の説明はこちらをご覧ください。禁煙外来とは

禁煙外来の問診票はこちら。禁煙外来問診票

禁煙の経過を記録するノートです。禁煙ノート