このような症状を感じることはありませんか?

夜間の症状

  • 睡眠中に呼吸が止まる
  • 大きないびき
  • 夜に頻繁にトイレに立つ、頻繁に目が覚める
  • 寝汗をかく
  • 不眠

昼間の症状

  • 熟睡感がない
  • 朝の頭痛やだるさ
  • 日中の強い眠気
  • 集中力の低下

睡眠時無呼吸症候群の方が感じるこれらの自覚症状は、夜間の呼吸不良のために睡眠の質が低下したことで、引き起こされます。


睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome・SAS)とは・・・

一晩(7時間)の睡眠中に30回以上の無呼吸(10秒以上の呼吸気流の停止)があり、そのいくつかはノン-レム期(深く、安定した睡眠中)にも出現するもの。
つまり1時間あたり5回程度の呼吸停止をおこす場合に診断されます。


主要な自覚症状である「眠気」から夜間の無呼吸の程度を推定しますと・・・

軽症
あまり集中していないときに不意に眠気を感じたり、気づかずに眠ってしまう
(TVを見ているときや読書、乗客として旅行しているときど)
中等度
多少集中が必要なときに不意に眠気を感じたり、気づかずに眠ってしまう
(コンサート、会議、発表などに参加しているとき)
重症
かなり集中を必要とするときにも不意に眠気を感じたり、気づかずに眠ってしまう
(食事中、会話中、運転中など)

睡眠時無呼吸症候群の原因は

睡眠時無呼吸症候群の大半は気道の閉塞が原因となり、閉塞性睡眠時無呼吸症候群と呼ばれます。

健常者でも、あおむけで寝ているとき、重力の影響で舌の付け根が沈下して気道は多少狭窄(きょうさく)しています。さらに、睡眠状態に入ることで気道を構成している筋肉が弛緩(しかん)しますので、気道狭窄は助長されます。

睡眠時無呼吸症候群の方は、肥満にともない気道の周囲に脂肪が沈着(ちんちゃく)していたり、もともと気道が狭かったりしていることで、健常者よりも気道の狭窄が強くなって“いびき”を引き起こしたり、気道が閉塞してしまい呼吸停止を起こします。

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群がうたがわれる方に対しましては通常、携帯型睡眠モニター(簡易PSG)を一晩着用していただき睡眠状態(鼻気流・体内酸素量・呼吸運動)を評価いたします。
携帯型睡眠モニター

評価の目安は呼吸停止と重度のいびきを合計した1時間あたりの平均回数で、無呼吸低呼吸指数(AHI)と呼ばれます。
この数字が5以上であれば睡眠時無呼吸症候群と診断され、40以上で持続気道陽圧(CPAP)療法の適応となります。

但し、携帯型睡眠モニターでは実際に眠っているかどうかなど、睡眠の程度を把握できませんので、AHIが20回~40回弱の方は入院のうえ脳波も記録する睡眠ポリグラフィー(PSG)を追加で受診し、AHI20以上ならCPAP(しーぱっぷ)療法の適応となります。

※入院検査は当院では行っておりませんので紹介となります。


睡眠時無呼吸症候群の重症度

睡眠時無呼吸症候群の検査で

軽症
AHI  5以上 15未満
中等症
AHI 15以上 30未満
重症
AHI 30以上

持続気道陽圧(CPAP)療法の適応はAHI 20以上です。


睡眠時無呼吸症候群の治療

減量・生活習慣の是正
気道の周囲の脂肪沈着など、肥満は最重要な危険因子です。飲酒も気道の筋肉を弛緩させ症状を悪化させます。
持続気道陽圧(CPAP)療法 ※次項をご参照ください
口腔内装置(マウスピース)
就寝中使用し、夜間の下あごの位置を前方へ固定します。AHI15程度までの軽症の無呼吸に対しては有効です。
手術
もともと口の中や、のどに狭窄がある方が対象となります。耳鼻咽喉科や口腔外科で施行される治療です。
体位療法
あおむけでは、重力で舌の付け根が沈下して気道が狭窄しやすくなります。横向きで寝ることも対処のひとつとなります。

持続気道陽圧(CPAP)療法とは

持続気道陽圧(CPAP)療法とは、鼻もしくは口と鼻に装着したマスクを介して、器械で高い圧力で空気を気道に送り込む治療法です。
この器械を使用することによって狭窄・閉塞に関与している気道の組織が押し上げられ、気道が安定して開いた状態に保たれます。
CPAP(しーぱっぷ)療法は睡眠時無呼吸症候群の原因に対して直接に改善を図れるため有効性の高い治療法です。

携帯型睡眠モニターでAHI40以上、入院睡眠ポリグラフィーでAHI20以上の方はCPAP治療の適用となります。

CPAPの器械には毎日の呼吸状態が記録されておりますので、診察の際にCPAP治療の効果を確認することができます。

CPAPCPAPの器械

睡眠時無呼吸症候群の危険性

高血圧
高血圧と無呼吸は双方とも肥満が危険因子で、合併することが多いほか、無呼吸自体も治療抵抗性の高血圧の原因になります。
脳卒中・心臓発作
重症の無呼吸で治療を受けてない方は、健常者と比べて脳卒中や心臓発作の危険が10年で約3倍高くなります。
夜間の突然死
心疾患や脳卒中が突然死の主な原因になります。無呼吸の方は突然死の危険が約2.5倍高くなります。

睡眠時無呼吸症候群の診療のながれ

  • 周囲の方からいびきや呼吸停止を指摘された
  • 昼間の眠気やだるさ、寝汗や夜間覚醒などが気になる

●外来で●
無呼吸と関係した症状についての問診をいたします。

○ご自宅で○
携帯型睡眠モニター(簡易PSG)検査
 携帯型睡眠モニター(簡易PSG)をお持ちかえりいただき、一晩、ご自宅で無呼吸の検査(簡易PSG検査)を行います。器械は検査の翌日に郵送でご返却いただきます。

●外来で●
検査の結果をご説明いたします。

1時間あたりの平均の無呼吸低呼吸回数(AHI)が・・・
20以上40未満なら

入院のうえ、脳波も記録する睡眠ポリグラフィー(PSG)を追加で受診します。

1時間あたりの平均の無呼吸低呼吸回数(AHI)が・・・
40以上なら



●外来で●
重症度を判定し治療方針を決定します。

最終的に
1時間あたりの平均の無呼吸低呼吸回数(AHI)が・・・
20以上なら

●外来で●
持続気道陽圧呼吸器(CPAP)の使用方法をご説明いたします。

○ご自宅で○
夜ねむる時に持続気道陽圧呼吸器(CPAP)をご使用いただきます。

↓ ↑

●外来で●
月一度の診察で、持続気道陽圧呼吸器(CPAP治療)の効果を確認いたします。

最終的に
1時間あたりの平均の無呼吸低呼吸回数(AHI)が・・・
5以上20未満なら

口腔内装置(マウスピース)や手術療法などを検討します









※減量・生活習慣の是正を、
気道の周囲の脂肪沈着など、肥満は最重要な危険因子です。