小児の定期予防接種

法律で定めている年齢や期間内であれば、無料で接種できます。

各予防接種の対象年齢に該当する方には区役所より通知が届きます。
ご予約のうえ接種いたします。通知をご覧になりましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

【予防注射の種類】

ヒブワクチン(Hib)
小児用肺炎球菌(はいえんきゅうきん)ワクチン
B型肝炎(かんえん)ワクチン
ジフテリア・破傷風(はしょうふう)百日咳(ひゃくにちぜき)・ポリオ混合ワクチン(四種混合、DPT-IPV)
BCG
麻しん風しん混合ワクチン(MR)
水痘(すいとう)ワクチン
日本脳炎(にほんのうえん)ワクチン
ジフテリア・破傷風混合ワクチン(二種混合、DT)
子宮頸がんワクチン

»板橋区の予防接種ページはこちら


費用助成対象の予防接種

板橋区の接種費用の助成対象となっている予防接種につきまして実施いたします。お気軽にお問い合わせ下さい。

【予防注射の種類 及び 料金】

高齢者用肺炎球菌(はいえんきゅうきん)予防接種
4000円
主に65歳以上の方が対象となり、接種の対象年齢の方には区役所より郵便で通知されます。
過去に23価肺炎球菌ワクチンを接種されておられる方は対象となりません。
※接種をご希望の方は、ご予約をおとりいたしますので、事前にお電話でご連絡下さい。
»板橋区の高齢者用肺炎球菌予防接種ページはこちら
高齢者インフルエンザ予防接種
2500円
主に65歳以上の方が対象となります。
接種の対象者には区役所より郵便で通知されます。
接種をご希望の方は区役所から届きました予診票をお持ち下さい。
»板橋区の高齢者インフルエンザ予防接種ページはこちら

自費予防接種

季節性インフルエンザなど、御高齢の方や慢性の病気をお持ちの方にとっては怖い病気も、予防注射で回避したり、かかった時の症状をかるくすることが可能です!ぜひ予防注射を受けましょう。

※インフルエンザワクチン以外の予防注射につきましては、ご予約のうえ接種いたします。ご希望の方は、あらかじめお電話などでご連絡下さい。

【予防注射の種類 及び 料金】

インフルエンザワクチン
インフルエンザワクチンの写真チメロサールフリーインフルエンザワクチンの写真
2980円
板橋区の高齢者公費助成のある方は2500円
予防効果は約半年とされています。また、前年までの予防接種では最新の流行には対応できない可能性があります。毎年インフルエンザが流行する前の12月中旬までに予防接種を受けておくことをお勧めいたします。
65歳以上の高齢者に対して行った調査で、インフルエンザにかかった人の34%~55%は予防接種を受けていればかからずに済んだこと、またインフルエンザで死亡した人の82%は、予防接種を受けていれば死亡せずに済んだことが報告されています。

妊娠中の方で、エチル水銀由来の防腐保存剤(チメロサール)を含有しないインフルエンザワクチンをご希望の方は、数に限りがございますのであらかじめお申し出下さい。
インフルエンザ予防注射をご希望の方はこちらもご覧下さい。
インフルエンザ予防接種を受けられる方へ
23価成人用肺炎球菌ワクチン23価肺炎球菌ワクチンの写真
6800円(公費適用の場合4000円)
法定接種の高齢者用肺炎球菌予防接種で用いられるワクチンです。
主に65歳以上の方や、体力低下をともなう疾患をお持ちの方が、接種の対象となります。
肺炎球菌性肺炎に高齢者や体力低下した方が罹患すると、死亡につながる危険が高く、肺炎球菌ワクチン接種による予防が勧められています。
予防効果は5年以上持続するとされていますが、効果は次第に低下してゆきますので、接種後5年以上経過している方は、再度の接種が勧められます。
再度の接種の際には、注射した部位の痛みや腫れが初回よりは出やすいとされていますが、重大な副作用の発生率が増加したという報告はありません。
肺炎球菌予防注射をご希望の方はこちらもご覧下さい。
2つの肺炎球菌ワクチン
13価肺炎球菌ワクチン13価肺炎球菌ワクチンの写真
9950円
小児の定期予防接種で用いられる肺炎球菌ワクチンです。成人の方は65歳以上が接種の対象となります。
肺炎球菌性肺炎に高齢者や体力低下した方が罹患すると、死亡につながる危険が高く、肺炎球菌ワクチン接種による予防が勧められています。
この13価肺炎球菌ワクチンを先に接種し、上記の23価肺炎球菌ワクチンを半年~1年後に接種すると、単独で接種するよりも強い免疫力を獲得できるとされています。
なお、13価肺炎球菌ワクチンは、成人に対する公費の補助がございません。
肺炎球菌予防注射をご希望の方はこちらもご覧下さい。
2つの肺炎球菌ワクチン
水痘(すいとう)ワクチン水痘ワクチンの写真
7880円
成人の方が みずぼうそう に(かか)ると、肺炎など重症になる場合があります。また、妊娠中の方が罹患すると、胎児に障害が及ぶ可能性があります。
みずぼうそう に罹られたことのない方がお罹りの方と接触した場合、72時間以内に水痘ワクチンを接種することが発症の予防に有効とされています。
※妊娠中は接種できません、また、接種後2ヶ月間は妊娠を避けていただく必要があります。
ムンプスワクチンおたふくワクチンの写真
5780円
成人の方が、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)にお罹りの場合、下顎にある耳下腺の腫れ以外に、髄膜炎(ずいまくえん)や難聴や生殖器の炎症を起こすことがあります。
ムンプスワクチンは、おたふくかぜの方と接触した後で接種してもあまり有効ではないとされています。
※妊娠中は接種できません。

インフルエンザ予防注射をご希望の方はこちらもご覧下さい。
インフルエンザ予防接種を受けられる方へ

インフルエンザ予防注射の予診票はこちら。
インフルエンザ予防接種の予診票